夏本番で蒸し暑い日々が続いています。身体には良くないと分かりつつもクーラーなしでは生活できない身体になりつつありますが、みなさんはいかがでしょうか?

野外と室内の温度差が大きくなると、カラダに疲れなどが蓄積されて疲れが抜けにくくなる”夏バテ”になりやすくなります。これは冷えたカラダを温める為にエネルギーの消費が大きくなることにより引き起こされるとも考えられます。

漢方ではこのエネルギーを”気”と呼んでいます。気を消耗しすぎると胃腸の働きも低下していきます。この気が不足している状態を”気虚”といいます。不足した”気”を補うことを”補気”といいます。”補気”に使われる生薬には薬用人参・黄耆・白朮・山薬・大棗・甘草」などがあります。性味では「甘(かん)」が補う作用があります。

また、暑い季節には汗もよくかくため水分(津液)不足になりがちです。体内の水分(津液)や陰を増やすとされる”滋陰”作用のある生薬には「沙参・天門冬・麦門冬・百合・亀板・鼈甲」などがあります。

性味「酸(さん)」のものには収斂作用があり、汗腺を引き締めて汗のかきすぎを抑える働きがあります。収斂作用を持つ生薬には「山茱萸・五味子・蓮子」などがあります。汗をかくと気も漏れだすといわれています。

補気・滋陰・収斂この三つの働きをもつ生薬を合わせた漢方薬が”麦味参顆粒”です。夏バテや熱中症の予防におすすめです。

 

熱中症になりかけや、なってしまったりした場合は”清暑益気湯”や”白虎加人参湯”などを使用することがあります。また、熱中症には水分だけではなく、塩分などのミネラルも同時に補給することが重要です。

某スポーツドリンクなどもありますが、糖分が多く含まれていますので原液で飲むと余計にのどが乾いてしまいます。倍ぐらいに水で薄めて補給していただくと効果的だと言われていますので、ぜひ皆さんもお試しくださいね。

夏バテの予防や疲れに使える漢方薬はこのほかにもあり、体質・症状に合わせて組み合わせなどを調整をしていますので、ご自身で判断せず専門の相談員にお尋ねください。