湿度が高くジメジメした日が続いていますが、このような気候が続く時期は胃腸の調子を崩しやすくなりますね。最近は便利になりクーラーや冷蔵庫も進化していつでもどこでも冷たいものが手に入るようになりました。

夏は【湿邪】が多い季節になります。昔は夏は暑いものと割り切っていましたが、冷たいものや冷房の効いた寒い部屋も多くなっていて【寒邪】に襲われる事も増えてきました。

中医学では胃腸などの消化する器官や働きをまとめて【脾(ひ)】と呼びます。【脾】は「湿を嫌い、燥を好む」性質があり、冷たいものや水分の取りすぎ、暴飲暴食が続くと体内に【湿邪】が溜まり【脾】の働きは低下します。この【脾】の機能が低下している状態を【脾気虚】といいます。【脾気虚】の方の特徴には「疲れやすい、食欲不振、下痢、軟便、吐き気、胸やけ、食後に眠くなる、痩せていく、太れない」などが見られます。

特にクーラーが効いた寒い部屋にいたり、アイスなどの食べ過ぎ、ビールの飲みすぎなど、冷たいものにより突然、体調不良を起こすことを【直中(じきちゅう)】といい、【寒邪】が体内に入った為に脾胃の働きが阻害されることにより、急激に【脾気虚】状態になり起こります。【寒邪】による症状の特徴には「発熱、寒気、収引(引きつる)、ズキズキ痛む」などがあります。

【寒邪】が体内に入り込んでしまった時は、身体を温めることで体表を開いて【寒邪】を体外に出す【散寒解表薬】が用いられます。

【湿邪】と【寒邪】の両方が体内に入り、体調を崩した「お腹に不調を伴う夏風邪」におススメするのが【勝湿顆粒】です。この漢方薬には、体を温め寒邪を取り除く「藿香・蘇葉・白芷」、湿邪を取り除く「半夏・厚朴」、と胃腸の調子を整える生薬が配合されています。

夏風邪だけではなく、旅行などでの水当たりや食あたりの腹痛でも使えるので僕が常備しているお薬の一つです。

胃腸の調子を整える漢方薬はこの他にもあり、体質・症状に合わせて調整していますので、ご自身だけで判断せず専門の相談員にお尋ねくださいませ。