「女子は血を以て本と為す」という言葉が中医学にはあります。【血(けつ)】とは血液の働きを指し、全身の臓腑や肌肉に栄養を与えるもので、体内を流れる赤い物質、生命維持に必要不可欠なものとされています

【血】が不足すると全身に十分に栄養を巡らせることができない為に、臓腑や臓腑が司る器官(筋肉、肌、毛、爪、目、耳、骨…)などが正常な働きをできなくなってしまいます。

【血】は脾胃で消化された水穀の精微(食物の栄養や水分)から営気が生成され、津液と合わさり、心で赤化してて作られると考えられています。また【血】が不足すると腎の蔵されている【精】を使い血が作られます。逆に【精】が不足すると【血】を【精】に変化させて【精】を補います。「これを精(せい)血(けつ)同源」といいます。

  • 心は血脈を主る、精神を司る
  • 肝は血を蔵す、疏泄を主る、情志を主る
  • 脾は気血生化の源、統血作用を持つ
  • 肺は百脈を朝す、水の上源、宣発と粛降
  • 腎は精を蔵す、水の下源、生長と発育・生殖

各臓腑は【気・血・津液・精】によって営養され十分に働くことができます。

血が不足すると各臓腑は失調し、ふらつき、生理不順、生理痛、めまい、抜け毛、肌の乾燥、爪が割れる、などの症状が出るようになり、この状態を【血虚】といいます。

【血虚】の方の【血】を補う代表処方に【四物湯】(当帰・地黄・川芎・芍薬)があり、【血虚 血滞】に用いられ、補血調血作用があります。

この【四物湯】に気を補う黄耆、止血効果のある阿膠などを加えて効能効果を高めた【婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)】があります。血虚症状のなかでも疲れやすい、手足の冷え・不正出血などがある方はぜひお試しください。

この他にも補血養血作用のある漢方薬があり、体質・症状に合わせて組み合わせを調整していますので、ご自身の判断ではなく、専門の相談員にお尋ねくださいませ。