O-157とは?

最近話題のO-157、通常の大腸菌は毒素を持っていないのですが、出血性のベロ毒素を持つ大腸菌に感染をすると、腸管出血性大腸炎などを引き起こします。

O-157の感染

感染は経口によるもので接触しただけでは感染はしませんが、汚染された食材や器具により菌が口より侵入することで感染されます。

潜伏期間は4~8日(5日前後)で、感染しても症状がでないこともあります。

感染した時の症状

感染し発症した場合には発熱、激しい腹痛、嘔吐、水様性の下痢、血便などの症状が現れますが、発熱はほとんど場合軽度であるとことが多いようです。

治療法と予防

病院での治療は抗生物質の投与により、体内の病原体を増殖させないようにすることと、消化の良いおかゆなどを食べる脱水症状にならないように水分補給をこまめする、下痢止めは使いません、これは下痢止めを使うと体内で病原体が増殖し回復が遅れるだけではなく、症状が重篤化することがありますので感染が疑われる場合にも注意しましょう。また症状が無症状や軽度であっても便や吐しゃ物にO-157が汚染されていることがあるので、身近に感染者や感染の疑いがある方がいる際には、感染者が触りそうなドアノブや手すり、トイレ、お風呂などの消毒と掃除をして手洗いをしっかりとしましょう。

O-157は家畜(牛、豚、羊など)の腸内に存在していますが感染経路の特定が困難で、完全に防ぐ事は難しいといわれています。一般的な感染経路は汚染された飲食物や調理器具によるものとされています。ですので、手洗いや調理器具の洗浄消毒、十分な加熱など調理方法に気をつける事で感染しにくくする事は可能でしょう。

一部では牛舎や養豚、動物に触た後は念入りに手洗いを滋ましょう

漢方での予防と治療

現代のような病原体の特定や菌などが確認できなかった古来でも下痢や嘔吐の症状はありました。これらを中医学では下痢症状を【泄瀉(せっしゃ)】、重篤化した血便や白濁便を【痢疾(りしつ)】と呼びます。

泄瀉とは大便が粘り気がある軟便のものを【泄(せつ)】、大便が水のように希薄で一気に下すもの【瀉(しゃ)】といい、あわせて泄瀉といいます。
原因は、脾胃の機能の失調や「寒・湿・暑」の外邪によるもの、情志(感情)によるもの、慢性化による腎の失調などが考えられています。

O-157の感染の予防と引き起こされる症状について中医学的に考えてみましょう。

予防:気が充実している健康な状態では感染しにくいため、気を補う黄耆などが入っている衛益顆粒などを使い免疫や防御を主る衛気を補います。

下痢、嘔吐:これは、消化を主る【脾】の機能失調により引き起こされます、脾の気が不足していることを脾気虚と言います。健脾散勝湿顆粒などを使いを健脾します

腹痛、発熱:これは体内に熱邪があると考えられるので、天津感冒片などと板藍根を使い熱を取り除き邪気を取り除く清熱解毒をします。

水様便や血便:これは湿熱の邪気が体内にあると考え、五行草板藍根などを使い清熱袪湿をします。

回復期:体のだるさや消化不良が出るため胃を元気にする健胃顆粒晶三仙で消化を助けます。

 

 

平常時から病気にならない身体作りと清潔な調理環境を整え、手洗いうがいなどの生活習慣を見直すことで予防につながります。感染を完全に防ぐことは難しいですが、感染してしまった場合は重篤化させず、回復を早めることを心掛けましょう。