季節の変化と体の異常

夏から秋へと気候が変化する時期は体調を崩す方が多くなります。これは気温の変化や空気の乾燥に生活習慣を合わせられていないことも原因の一つだと考えられます。

日中と夜間や朝方で寒暖の差が大きくなり、体や服装が変化に追いつけなくなってきますね。うっかり薄着で寝てしまい寒さで目が覚めること、上着を持たずに外出して夕方から気温が下がり後悔するようなことはないでしょうか?

季節が秋に変わっても衣替えの時期が遅れて薄着でいたり、夏と同じように冷たい物を摂りすぎたりしていると生活を続けていると身体は季節の変化に対応できずに不調の原因となります。

秋は乾燥の季節

秋の主気は燥なのですが、夏に近い時期は熱燥、冬に近づくと涼燥となります。乾燥状態が続くと体内の津液(水分)や陰が傷つけられて、肌や粘膜の乾燥や陰陽のバランスが崩れることで陽が過剰になり、のぼせや炎症などの熱症状が発生しやすくなります。
肺は潤を好み燥を嫌う性質があり肺は皮膚、大腸と密接な関係があるという考えから、肺が乾燥すると乾燥による咳や皮膚症状、便秘などが起き易くなっています。また陰の不足により起こる症状に目の渇き、尿量減少、足腰のだるさ、寝汗、のぼせなどを伴う場合を陰虚といいます
専門用語はこちらへ

秋の乾燥から体を守るには、水分や陰を補い肺に潤いを与えることが重要になります。潤いを与える食材が秋には豊富にあり代表的なものに果物の梨や柿、りんご、ブドウなどがあります。果物には陰を補い潤いを与えるものが多くありますが、過剰に摂ると体を冷やし過ぎる場合がありますので注意しましょう。

肺の乾燥による陰虚症状:口やのどの渇き、肌の潤い不足には麦門冬や天門冬、地黄、当帰などが使われます。代表的な処方に【麦門冬湯】や【潤肺糖漿】などがあります。

肝や腎の陰虚による症状:目の渇き、寝汗、のぼせ、尿が濃いなどには枸杞子や菊花、が使われます。代表的な処方に【杞菊地黄丸】、【瀉火補腎丸】などがあります。

胃の陰虚による症状:空腹なのに食欲がない、口が乾いて水分をよく飲む、吐き気などには、麦門冬、竹葉などを使います。代表的な処方に【竹葉石膏湯】、【健胃顆粒】などがあります。

 

陰虚の部位と症状

臓腑症状使われる生薬代表的な処方
目の渇き、イライラ、顔が赤い、耳鳴り(高音)枸杞子、黒胡麻、旱蓮草、女貞子など杞菊地黄丸、二至丹など
不眠、動悸、寝汗、口の渇き百合、麦門冬、桑の実など天王補心丹、麦味参顆粒など
胃痛、食欲不振、吐き気沙参、麦門冬、玉竹など竹葉石膏湯、健胃顆粒など
空咳、のどの乾燥、鼻の乾燥、声がれ、寝汗麦門冬、天門冬など麦門冬湯、潤肺糖漿など
寝汗、不眠、尿が濃い亀板、旱蓮草、女貞子、桑甚、地黄など瀉火補腎丸、杞菊地黄丸、亀鹿仙など
大腸便秘(乾燥便)麻子仁、地黄など麻子仁丸など

陰が不足する要因の一つに睡眠不足もあります。夜は陰の時間となり、睡眠中に陰が補われると考えられています。陰が不足し陽が亢進すると動悸や熱感が出てきますので、不安感やイラつきなどがあらわれて良い睡眠の妨げとなります。
特に22時から2時までの間の睡眠はホルモンなどの調整をする大事な時間「睡眠のゴールデンタイム」と言われといます。この時間帯に睡眠をとることで身体の修復や代謝が活発になるとされているので夜更かしをせずに早い時間に眠るようにすることが、陰虚の症状の改善の近道となりますので気を付けるようにしましょう。