頭痛のお話

頭痛持ちのお客様は結構多く慢性化して生活の一部のように諦めている方もいるようですが、安易に頭が痛くなったからすぐ頭痛薬(いわゆる解熱鎮痛剤)を服用するというような習慣を続けた為に、頭痛薬なしでは生活できない身体になっている方も最近見かけるようになりました。

頭痛薬の呪縛から解放されたい方は自分の頭痛がどのタイプなのか知ること重要になります。

まず、頭痛には気候変化などの外的要因による頭痛ストレスや気血の不足や停滞などの内的要因による頭痛があり、それぞれ部位や随伴する症状、期間が異なっていきます。今回は外的要因による頭痛の特徴についてお話します。

外的要因による頭痛

外因頭痛は気温変化や湿度など外的要因により引き起こされる頭痛で、多くが急性の頭痛で発生から数日で激しい痛みが続きます。頭痛が発生した状況や原因により分類することができます。

寒さによる頭痛:

気温の低下やクーラーの効きすぎなどによる頭痛。主に後頭部や肩こりのような痛みが特徴。締め付けるような痛みと寒気、発熱、関節痛、風に当たると悪化する、いわゆる風邪の症状を伴う。 対処法➡寒さによる頭痛なので身体を冷やす解熱鎮痛剤を服用すると悪化や長期化する恐れがあります。まずは身体を温めることを第一に考えましょう。麻黄や葛根、附子などの処方を使い身体を温めます。


湿気による頭痛:

梅雨時期や雨が続き湿度が高い時期になる頭痛。頭が重いような痛みでヘルメットを被っているような感覚が特徴、雨に濡れた後などには寒気を伴う場合もある。下肢や身体が重だるい、吐き気、食欲の低下、むくみ、尿量減少、軟便、下痢、舌の苔が厚いなどを伴う


対処法➡体内の水分代謝の低下により起こる頭痛と考えられるため、水分代謝を高める茯苓や沢瀉、体内の湿を取りのぞく白朮や蒼朮などの利水をする処方を使い体内の水分バランスを整えます。


熱による頭痛:

急な発熱やインフルエンザ、熱中症などによる頭痛。脹って裂けるような痛みでのどの痛み、鼻づまり、目の充血、口が乾き冷たい物を飲みたくなる、節々が痛む、顔が赤いなどを伴う 対処法➡発熱による頭痛で体内に熱がこもっているため、石膏や金銀花などの処方を使い熱を下げます。
ウイルス性の感冒の時は一般薬の解熱鎮痛剤を使用してはいけませんのでご注意ください!


繰り返す頭痛:

寒さや湿気、熱などの頭痛を適切な処置をされなかったため、体内に潜伏して頭痛が発症しやすくなっています。気温変化や気圧差、疲れ、感冒、ストレスなどの様々なきっかけで発症します。 対処法➡様々な要因が絡んでいるため、羗活、辛夷、白芷、川芎など頭痛に使う生薬が配合されている幅広く対応する処方などを使います。

季節の変わり目や気候によって引き起こされる頭痛は頭痛薬でごまかさずに、適切な処置をすることで慢性化を避けるようにしましょう。長年の間、頭痛で悩んでいる方はぜひご相談ください。

次回は「内因による頭痛」についてのお話です。