糖尿病と中医学

西洋医学では近年、血液や尿などの検査技術が向上したことで血中のブドウ糖が検出され尿に糖が含まれて随伴する症状が類似することより糖尿病と診断されるようになりました。古来より糖尿病の特徴である【多尿・多飲・口渇・多食・痩せる・疲れやすい】などの症状を持つ患者はいたようで、糖尿病に類似した症状を中医学では【消渇】と呼ばれています。

消渇の弁証

中医学の視点から【糖尿病-消渇】を見てみると消渇とは水の不足と気の不足によるものと考えられます。水の代謝には肺・脾胃・腎が深く関わっており、気もまた肺・脾胃・腎が深く関わっています。

  • 疲れやすい:気の不足―気虚
  • 口渇・多飲:陰や津液の不足―陰虚(上焦)
  • 多食:胃が熱を持ち亢進状態―胃熱(中焦)
  • 多尿:腎の不調による固摂作用の低下、水分代謝の異常―腎虚(下焦)
  • 食べても痩せる:脾の受盛と運化の働きが低下している―脾気虚

消渇とは気と陰の不足、気陰両虚の状態であると考えられます。陰が不足すると燥熱の症状が生じるようになります。

体内の水分は津液と呼びますが、津液は熱などが生じ滞り凝縮されると飲となり、飲から湿へ、湿から痰へ、痰から濁へと変化し身体へ悪影響を与えるものになります。これらは痰飲や痰濁と呼ばれ、蓄積していくと気血の滞りや湿熱などねつ熱症状なります。こうして気が滞る状態が気滞、血が滞る状態を瘀血と呼んでいます。

これらに随伴する症状により不調のある臓器を見極めます。

随伴症状

  • 便秘で便が乾燥している―腸燥(肺陰虚)
  • 尿の色が濃い―(陰虚内熱)
  • 尿が濁る―(腎虚)
  • 頻尿または尿量が減少する―(腎虚)
  • 耳鳴り・めまい・健忘―(腎精不足)

合併症

  • 狭心症―(瘀血)
  • 目の症状・白内障など―(肝腎陰虚)
  • 吹出物・おでき―(痰湿・痰熱)
  • 手足の冷え・しびれ―(陽虚)

消渇の治療方針

症状と程度による分類です。

軽度口渇・多飲・疲れ易い など上焦に現れる症状―肺を中心に潤す麦門冬や気を補う人参などの処方

中度多食・乾燥便秘 など中焦に現れる症状―胃の熱を取り除く、黄芩、黄連、石膏や知母、地黄、大黄などの処方

重度多尿・尿濁・尿量減少・膝腰や下肢の浮腫み・痛みやしびれ など下焦に現れる症状 ―腎を補う六味丸をベースとした処方

消渇には瘀血が伴うことが多いため活血化瘀の丹参や川芎などの処方を併用します。

漢方薬は体質や症状、改善の進行度に合わせて処方を変更しますので、ご自身の判断ではなく専門の相談員にご相談ください。漢方薬での改善を考えている方は、お気軽にあけぼの漢方にご相談ください。