膝や腰、関節の痛み

膝の痛み、腰の痛みなど「痛み」でお悩みではありませんか?骨には異常がないけれど湿布薬や鎮痛剤を使用しても一向に改善しない、膝に水が溜まって定期的に抜いている、冷え込む季節の変わり目やクーラーの効いた部屋にいると膝や腰が痛くなるなど、痛みにはいくつか特徴があり、症状も対処法も異なります。

痛みの原因として考えられるのが、風、寒、湿、熱などの邪気と瘀血などがあります。

寒邪による痛み:キリキリ痛む

クーラーの効いた職場や秋から冬にかけてかかりやすく、寒さや冷たい物による冷えが原因となる痛みでキリキリ痛いと表現する方もいますお風呂などで温めると楽になる、患部の周りを触ると冷たい、引きつったような痛みなどが特徴となります
対処法➡体を温める桂枝や麻黄、附子などの入った処方を用いて寒邪を取り除きます。冷たい物や生ものは避けて、患部を冷やさないように心がけましょう。

湿邪による痛み:シクシク痛む

春から夏にかけてかかりやすく、水分の取り過ぎや水分代謝の低下が原因となる痛み、痛いと表現する方もいます体が重だるい、むくみを伴う、鈍い痛み、下肢に出る、膿や浸潤液が出る、雨の日に痛みが強くなるなどが特徴です。
対処法➡独活や秦艽、蒼朮などの風湿を取り除く生薬で体内の痰湿を排出します。肥甘厚味は痰湿の元となるので薄味のあっさりしたものを取るようにし、散歩などの軽い運動をするように心がけましょう。

風邪(ふうじゃ)による痛み:痛む箇所が変わる

急な自然環境の変化による痛みでなど、痛む場所が移動する、頭痛や痙攣・引きつり、汗をかく、しびれを伴うなどが特徴です。風邪はほかの邪気と合わさりやすく寒や湿、熱の邪気と共に入り風寒や風湿、風熱、風寒湿や風湿熱の邪気となりそれぞれの症状と併せて現れます。
対処法➡「風を治すには先ず血を治し、血行すれば風自ずと滅ぶ」といい、当帰、川芎、紅花、桃仁など活血して血の流れを改善します。体力が低下している方ほど外邪に罹患しやすくなるので、他の病気の併発に気を付けましょう。

熱邪による痛みズキズキ痛む

身体の内部の不調によることが多く、炎症や発熱による痛み、打撲による痛み、火傷や日焼けによる痛みなど疼くような痛みやズキズキするような痛みと表現されることがあります。患部が腫れて熱を持つ、冷やすと楽になる、脈を打つような痛みが特徴です。。
対処法➡患部を冷やす、または熱を取る石膏や知母などの処方を使い熱を取り除きます。辛いモノや熱い物、飲酒は症状を悪化させるので控えるようにしましょう。

瘀血による痛み:ズキッと痛む又はチクチク痛む

血流が滞ることで起こる痛み、しこり、アザになる、黒ずむ、チクチク刺すような痛み、固定痛が特徴でズキッとするよう痛み又はチクチク痛いと表現される方もいます。
対処法➡血流の滞りは血の質の低下や血管が詰まりやすいなどが考えられるので、川芎や丹参など血流を改善します。【久病多瘀】といい慢性化すると瘀血が生じるとされています。瘀血の原因には食生活の乱れや姿勢、気虚、痰湿、寒冷、慢性病、怪我、打撲、運動不足、喫煙など様々な要因が考えられます。生活習慣の見直しをするようにしましょう。

腎虚による痛み:ズンと痛む

腎が弱ると腰や膝のズンと鈍い痛みが生じることがあります。動くと痛いや関節の曲げ伸ばしがしにくい、下肢の冷え、頻尿、尿の減少、むくみ、耳鳴り、骨がもろくなる、歯が弱い、閉経、EDなどの症状が併せて出ることがあります。
対処法➡腎の衰えは老化や過度の性行為などにより引き起こることがあります。六味地黄丸や亀板や鹿茸が入ったの補腎薬などを使います。腰痛は腹筋の筋力低下によってもなることがありますので、姿勢を正しくすることや適度な運動をすることで悪化を防ぐように心がけましょう。

 

不通則痛(通じざれば痛む)」という言葉があり、気や血の流れが滞ると痛みになり現れることを示しています。また、痛む場所や痛む時間帯、痛み方、腫れや浮腫みの有無など判別する要素は多岐に渡ります。

湿布薬や鎮痛剤で収まらない痛みが漢方薬などで改善する症例が上がっています。およそ1~2週間以上長引くような痛みや慢性化して繰り返す痛みでお悩みの方は、あけぼの漢方にご相談ください。