不妊症の現状

2018年冬ドラマで不妊症について触れた作品が2つあります。一つは不妊治療を始めた夫婦のお話。一つは精子に何らかの異常があり、妊娠を望む婚約者に逃げられてしまうというものです。

不妊原因の男女比はほぼ1:1と言われています。数年前には子宝に恵まれずに親御さんから冷たくされる女性の話などがありましたが、最近では時代遅れの間違った考え方になったと言えます。

不妊症で悩まれている夫婦は6組に1組の割合で、最近ではおよそ20人に1人は人工授精や体外受精によって妊娠出産されていると言います。これは学校1クラスに1人はいる割合になります。
また、妊娠を希望されていないご夫婦や諦めた方々など潜在的な方を含むともっと多くなります。

不妊治療に対する保険なども出てきており、不妊治療は珍しいことではなくなっています。

医療機関での不妊治療と薬局・薬店などでの不妊相談は何が違うのでしょうか?

医療機関での不妊治療

「1年間避妊をせずに性交渉を続けたが妊娠に至らなかった夫婦」は不妊症と診断されます。

不妊症と診断されますと、男性の精液検査、女性のフーナーテストを行い不妊の原因を特定していきます。

まずは排卵日を予測し性交渉をしていただく「タイミング療法」を数か月します。

その後妊娠に至らない場合、「人工授精」へと移行します。人工授精はスポイトのようなものので精子を子宮の奥に入れ、精子と卵子が出会う確率を高める方法です。精子と卵子が自然に出会うのは自然妊娠と同様となります。

排卵障害や抗精子抗体を卵子が持っている場合、頸管粘液に抗精子因子がある場合、精子の運動率が低い場合、異常率が高い場合などは卵子を採取し、精子を直接注入する「体外受精」へと移行します。採卵をする際に排卵誘発剤などのホルモン治療も並行して行われます。

自然妊娠に最も近い物が「タイミング療法」で、その次に「人工授精」、最も人の手が加わるものが「体外受精」となります。

こちらも参考にどうぞ→あなたに出会うその日まで~不妊治療の今~

あけぼの漢方での妊活(不妊・子宝)相談の流れ

当店で子宝のご相談をされる方には、現在不妊治療を受けている方、過去に治療を受けていた方、これから受けようと考えている方などがいらっしゃいます。

妊活をされる方には必ず1か月以上の基礎体温を記録していただいています。

妊娠に不可欠なものは何でしょうか?それは女性の「月経」です。月経周期、経血の色・量・質、月経前症候群(PMS)、生理痛の有無、これらが理想の状態に近づくことで妊娠のしやすさは変わってきます。

月経を理想に近づけることが妊娠への近道だと考え「周期療法」を取り入れています。

卵子が排卵されるまでの期間はどのくらいかご存知でしょうか?

次の生理後に排卵される卵子はおよそ180日前から成長を始めた卵子です。つまり、180日前からの食事や生活習慣で卵子は作られています。良い卵子を作り、妊娠しやすいカラダになるには180日かかると考えてよいと言えます。また卵子は生まれた時から数は増えることはありませんので、妊娠を希望される方は1回1回の月経がとても重要です。妊娠を希望される方は、出来る限り早期から「妊娠しやすいカラダづくり」を始めることを提案させていただきます。

「妊娠しやすい体づくり」をすることで、医療機関で治療をされる方も不妊治療の成功率を上げることへとつながります

あけぼの漢方での妊活相談では、つぎのお話をさせていただいています。

妊娠の大事な話

  1. 「不妊治療の現状」
  2. 「妊娠の仕組み」
  3. 「周期療法とは」
  4. 「妊娠しやすいカラダづくり」
  5. 「月経について」
  6. 「基礎体温の見方」
  7. 「男性不妊」
  8. 「子宮の環境」
  9. 「精子の為にできる事」
  10. 「食養生」
  11. 「生活習慣」
  12. 「ホルモン治療について」
  13. ほか

1か月あたりの費用

年齢や体質、症状により処方の組み合わせが異なります。1日あたりおよそ300円~2000円前後。1日平均1000円前後。1か月あたり1万円~6万円程度。最低6か月の継続をオススメしています。

たくさん使えば改善するというものではないですが、最低限使わないと改善が見込めないというのはあります。

個人差がありますが、3種類~数種類を基礎体温の変化に合わせて服用していただく「周期療法」の場合で1か月あたり2~3万円のご予算をお考え下さい。

費用は年齢によって大きく変わると考えてください。20代~30代前半では症状が軽い場合が多く早期の改善が見られます。30代後半以降での初産になりますと基礎となる体質の改善に時間がかかることが多いため、期間を要し服用する種類などが多くなる傾向にあります。

人それぞれ異なるため、気になる方はお気軽にご相談ください。血流動態測定のサービスも実施中ですのでご希望の方はお申し付けください。

ご来店される際は1時間程度の問診やご説明をさせていただきますので、お時間に余裕のある日をご予約ください。