ほんのり中医学の第4回は「五行学説の基礎」です。

中医学の柱ともいえる考え方でこれを理解しないことには話が進みません。五行学説は自然界にあるものを五行【木・火・土・金・水】に当てはめる学説です。それぞれが互いに母子関係を持ちながら連携をしていると考えます。

母子関係とは、木は火の燃料となり、火が燃えると土が生まれる、土の中から金属が生まれて、金属の表面に水がついて、水が気を育てる、木は火の燃料となり・・・といったように母が子を産むような関係があります。(こじつけっぽいですが・・・)

五行には五色、五臓、五竅、五腑、五味、五主、五志、五華、五季、五穀、などがあります。

五行五臓五腑五竅五味五主五志五華 五季 五穀五色
 爪 春 麦
小腸血脈 顔黍きび
肌肉思憂 唇 長夏/土用粟あわ
大腸皮膚悲哀 皮毛 秋
膀胱骨歯恐驚 髪

 

相生(そうせい)と相克(そうこく)

 

相生:木→火→土→金→水→木、促進や母子関係を持つ。

  • 水は木を育てる
  • 木は火を燃やす
  • 火を燃やすと土が生まれる
  • 土の中から金が出てくる
  • 金が冷えると表面に水が付く

相克:水→火→金→木→土→水 抑制や制約する関係を持つ

  • 水は火を弱める
  • 火は金を溶かして働きを抑える
  • 金は木を切ることができる
  • 木は土の栄養を吸い取り根を張る
  • 土は水の流れを止める

相生と相克のバランスが取れている状態だと正常に物事は進んでいきます。

相乗と相侮、子母相犯

相生や相克の関係が崩れると異常となります。

子母相犯:相生関係の反対の流れになります。母は良かれと子の手伝いをしているのに、子が調子づいて母をいじめるみたいな感じです。ざっくりいうと反抗期みたいに考えるとよいかと思います。

相克の関係が強くなりすぎることを相乗、相克と反対の関係を相侮といいます。

素問:五運行大論によれば、「気の余りあるときは己の勝つ所を制し、勝たざる所を侮る。気の及ばざるときは、己が勝たざる所が侮ってこれに乗じ、己が勝つ所に軽んじ侮られる。」とあります。
噛み砕いていえば「相克は強気に出過ぎたら、いつも以上に相手は萎縮しちゃいますよ。相侮は気が弱ると相手に逆襲されますよ」ってことです。

 

五行学説の基礎概念はお判りいただけましたでしょうか?

五行学説を人体に当てはめて考えるのが中医学になりますので、よく理解しておきましょう。

次回は「五行学説と人体その1」です。