第5回目は五行学説と人体 壱「木」と「肝」についてです。

五行五臓五腑五竅五味五主五志五華 五季 五穀五色
 爪 春 麦
小腸血脈 顔黍きび
肌肉思憂 唇 長夏/土用粟あわ
大腸皮膚悲哀 皮毛 秋
膀胱骨歯恐驚 髪

五行学説での「木」の五臓は肝、五腑は胆、五主は筋、五竅は目、五華は爪、五志は怒、五味は酸味です。

木の相生の母子関係にあるものは、母は【水の腎】「木は水より生まれる」、子は【火の心】「木は火を生む」。

相克関係の勝つものは【土の脾】勝たざるもの【金の肺】

木はのびのびと成長することを好み、春に青々と繁ります。木は水を受け、栄養を作り蓄えます。こういった性質を臓腑に当てはめると「肝」の性質に近いと考えます。このような概念を臓象学説といいます。

臓腑は陰陽(表裏)の関係で、内臓の働きとして臓、外界と接する内臓を腑として考えますので、臓は「肝」、腑は「胆」となります。

「肝」の文字は慣用句に「肝腎かなめ/肝心かなめ」、「肝が据わる」、「肝を冷やす」、「肝に銘じる」など重要のことを意味する言葉が多くあるように体のなかでも重要な働きをしています。

 

肝の働き

  • 血を蔵する:血液を貯蔵し身体を流れる血液の量を調節する。血が不足するとイライラしたり、肝がつかさどる筋・爪・目に不調が出るようになる。脚がつる、爪が薄く割れやすい、目が乾く、眼精疲労などは肝血の不足が考えられる。
  • 疏泄をつかさどる:疏は通す、泄は外へ出す・推しだすと意味があり、気血津液の流れを調節することを表します。肝に不調が生じ気の巡り異常が出ます。すると、ため息や胸の詰まり感、気が昇るとめまいや頭痛、血の流れが悪くなり手足の冷えやのぼせ、津液の流れが悪くなり浮腫みなどの症状が出やすくなります。これらを気滞や気逆といいます。
  • 情志をつかさどる:五志は【怒】。ストレスや我慢の多い環境に居ると肝の乱れとなります。感情を調整しているのおり感情の起伏が激しい、気持ちが落ち着かず寝つきが悪い、イライラなどは肝気の異常や肝血の不足などによることがあります。
  • 消化を助ける  :脾胃の働きを助けて食べた物を腸へと降ろす。緊張したり、怒っていると食事が通らなくなるのはこの為だと考えられる。
  • 筋をつかさどる:肝血により養われるので、脚がつるなどは肝血不足も考えられる。
  • 目に開竅する :肝陰により目は潤いを保つことが出来おり、目を使うと肝血が消耗する。眼精疲労や目の乾燥は肝血、肝陰の不足が考えられる。
  • 爪をつかさどる:爪は肝血により養われるので、肝血が不足すると爪が養われず薄い、割れやすい、スジが入る、爪が白いなどの症状が現れやすくなる。
  • 月経を通調する月経の周期、月経期間、経血量を調節する。月経不順の原因の一つにストレスや血の不足が考えられる。月経後期(概ね30日以上)は月経に必要な血が十分になく少ないため、周期が遅れる。月経前期(概ね25日未満)は肝気が亢進し熱となり出血傾向になっている場合に周期が早くなりやすい。などが考えられる。

肝の特徴

肝は「用陽体陰」で働きは気血を昇降させる活発な働きをするため陽の性質を持ち、陰血を蔵すが激しく動くことはないので、肝自身は陰の臓であると考えます。
肝は将軍の官と呼ばれ、他の臓腑への指示を出していると考えられています。これは気機(昇降出入)を調節して他の臓腑が正常に働けるようにしていることなどに由来します。

経絡は足の厥陰肝経、足の少陽胆経と関係があります。

肝に働く生薬

肝血を補う生薬:熟地黄、何首烏、当帰、白芍、阿膠、桑椹、竜眼肉

肝陰を補う生薬:枸杞子、旱蓮草、女貞子、胡麻仁、黒豆、亀板、鼈甲

肝気(肝陽)を抑える生薬:竜骨、牡蠣、磁石、真珠

肝風を抑える生薬:天麻、釣藤鈎、羚羊角、石決明、地竜、白僵蚕、全蠍、蜈蚣、黒豆

気の流れを整える生薬:香附子、木香、川楝子、柴胡、

血の流れを整える生薬:川芎、延胡索、鬱金、姜黄

瘀血を改善する生薬:三稜、莪朮、丹参、益母草、鶏血藤、牛膝、桃仁、紅花、水蛭

止血に働く生薬:三七、蒲黄、景天三七、槐花、槐角

肝の不調による主な症状

めまい、頭痛、耳鳴り(高音)、目の充血、顔が赤い、わき腹が張る、腹部膨満感、吐き気、胸焼け、手足をつる、爪がもろい、顔が赤い、ため息が多い、怒りっぽい、イライラしがち、寝つきが悪い、落ち着かない、月経不順、PMS、乳房の脹痛、不安感、落ち込みやすい、動悸、春は不調になりがち、酸っぱいものが好き、香りの強い食べ物を好む

上記のような症状がある方は、肝の調子を整えるように心がけましょう。

 

次回のほんのり中医学は「火」「心」についてです。